一般社団法人 ピースボート災害ボランティアセンター

  • local_offer防災・被災地支援

災害に見舞われた地域や被災者を支援するために活動している非営利団体です。 お互いに助け合える災害に強い社会作りを目指しています。

  • 0件
  • ¥0

私たちのビジョン

死にたいくらいつらい。どうしようもなく寂しい。 そんな思いを抱える方が、せめて「一人ぼっちではない」と思えるような心の居場所をつくりたい。 そう思い、活動をしています。

私たちの取り組む課題

日本における自殺者数は1997年以降2012年まで15年連続で3万人を超えていました。その後、年間の自死者数は減少傾向にありますが、2017年の自殺者数は21,140人もの人が自死で亡くなっています。特に若者世代(15 ~ 39 歳)の死因の第 1 位が自死。先進 7 カ国の中で若者世代の死因第 1 位が自死であるのは日本だけであると言われています。 そうしたなか、2016年に日本財団より発表された日本財団 自殺意識調査 2016」によると、日本では、4 人に 1 人が「本気で自殺をしたい」と考えたことがあると明らかになりました。さらに、過去1年以内に自殺未遂をした人が推計で 53 万人超に上ることが報告なされています。そして、5 人に 1 人が身近な人を自死で亡くしていることも分かりました。 自死を考えた人の半数以上が「誰にも悩みを相談できない」と言われ、自死のハイリスクグループの一つに「孤独感を抱えている人」と報告されています。 Sottoは自死の苦悩を抱えたときの心の居場所をつくります。

なぜこの課題に取り組むのか

死にたいくらいに苦しくて悩んでいても、なかなか周りの人には「死にたい」とは言いにくいのではないでしょうか。 敬遠されたり、否定されたらと思うとなかなか相談もしづらいものです。 私たちは「死ぬな」とは言いません。その言葉は、時として死にたいくらいつらい気持ちをもつ方を否定してしまうことがあります。 普段、誰もが抱き得る感情の延長線上に、死にたい気持ちはあるのです。それは何も特別なことではありません。 何かと自殺や希死念慮はネガティブなイメージをもって語られることがおおいと思います。 この社会だからこそ、私たちは「死にたい」を否定せず丁寧にお話を聴き、そっと(Sotto)寄り添おうとする活動を続けていかねばならないと思っています。

団体名
一般社団法人 ピースボート災害ボランティアセンター
住所
〒169-0075
東京都新宿区高田馬場3-13-1-2F-Aノークビル
代表者名
山本隆
電話番号
03-3363-7967
公式ホームページ
https://pbv.or.jp/