民際センター

あなたの寄付で顔が見える、成長が見守れる、国際教育里親制度、それが “ダルニー奨学金” です。

  • local_offer子どもの教育
  • local_offer国際協力
  • local_offer就職・雇用支援

民際センターは、民の力により、経済的に貧しく学校に通えない子どもたちへの教育支援を通じて、世界の貧困削減と平和構築を目指す国際協力NGOです。

  • 29件
  • ¥101,421

寄付金控除対象

この団体への寄付は、最大約50%の税控除が受けられます。詳しくはこちら

私たちのビジョン

民際センターは、経済的に貧しく学校に通えない子どもたちに、教育支援を行う国際協力NGOです。

私たちの取り組む課題

人間として生を受け得る時、運命として国や親を選べません。
たとえ最貧国に生まれても経済的な貧困家庭に生まれ育っても、人間として等しく教育を受ける権利があると確信しています。
この世界、このアジアには、まだまだ教育を受けることのできない子どもたちがたくさんいます。
多くの方々にこの事実を知っていただき、民の力により教育支援を通じて、世界の貧困削減と平和構築を目指します。
民による国際貢献活動を、わたしたちは「民際」と呼びます。
「国際」ではなく「民際」。それが、わたしたちの原点です。

なぜこの課題に取り組むのか

「境遇に関わらず、全ての子供に教育を」 これが、Education for AllのSDGの2015年までの目標でした。
現在は2030年に向けて、Quality of Education が目標です。

経済的に恵まれない家庭に生まれても、中学教育を受けることで、人生を大きく変えることができます。教育支援こそ、私たちが一人一人できる国際貢献です。

経済的に発展するメコン5ケ国(タイ・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・ラオス)では、都市と農村の格差や、貧富の格差がますます広がり、経済的困難のため教育に恵まれない子どもたちまで国の手が回らないのが現状です。

今、私たちが、これらの子どもに就学教育支援をすることで、きっと貧困から抜け出し、自立する力をつけるでしょう。

私たち一人一人が、一人の中学生に奨学金を提供する国際教育里親制度。
顔が見える、成長が見守れる、1対1の教育支援、それが “ダルニー奨学金” です。

子どもには誰が支援してくれているのかを伝える”顔の見える教育支援”です。
中学校入学から卒業までを支援することが可能で、毎年、支援する子どもの写真と現状を記した報告書をお渡しします。
年々の成長を実感することができます。

過去30年間を通して、36,000人以上の優しい眼差しが今日も世界の子どもたちを支え続けています。

世界の貧困削減と平和構築を目指して、”民際力”による支援で、学校に通える日常をつくりましょう。

ダルニー奨学金は、日本生まれの国際協力教育NGO  公益財団法人 民際センターが運営しています。
民際センターではダルニー奨学金制度他、図書・自転車・教材・スポーツ用具セットの贈与、少数民族の教師養成、学校や女子寮の建設など様々なプロジェクトを行っています。

団体名
民際センター
住所
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町山三ビル7F
代表者名
理事長 秋尾 晃正
電話番号
03-6457-5782
公式ホームページ
http://www.minsai.org/