特定非営利活動法人 侍にゃぱん

  • local_offer動物保護

飼い主を失ってしまった猫、多頭飼育崩壊などでどこにも行き場のない猫、殺処分の可能性のある行政保護猫などを保護・ケアし、新しい里親さんにバトンタッチすることによって「猫の殺処分0」達成するため活動するNPO法人です。

  • 1件
  • ¥420

私たちのビジョン

全ての猫と、飼い主さん、猫好きさんが幸せになれる世の中を目指し、行政殺処分0達成に向けての活動をしています。 罪のない猫が、毎年6万頭以上も殺処分されています。(H27年度は67091頭) 猫好きさん、飼い主さん、そして猫にとっても穏やかでない現状です。 殺処分をはじめとして、ほかにも近年社会問題になっている多頭飼育崩壊、 飼い主さんの高齢化に伴う飼育継続困難など、 救いの手を必要としている猫は、想像以上にたくさんいるのです。 侍にゃぱんは、具体的な数値目標として「行政殺処分0」を掲げる傍ら 猫と、その周りの人々が幸せになる「やさしい社会」の実現を目指しています。

私たちの取り組む課題

【保護】 ・殺処分の多くは、野良猫・遺棄猫たちが産んだ乳飲み子。  野良猫が増え、繁殖がとまらない「原因の元栓を締める」必要があります。 ・多頭飼育崩壊からの保護は一筋縄ではいかない ・飼育継続困難への対応も急務 【ケア・飼育】【里親探し】 ・保護環境のストレスマネジメント ・ストレスケア 活動の中核となる「保護・飼育ケア・里親探し」のだけでも課題は山積みです。

なぜこの課題に取り組むのか

【保護】 ・殺処分の多くは、野良猫・遺棄猫たちが産んだ乳飲み子  この問題を解決するには、  「元栓を締める」しかないのです。  そのために、野良猫の保護・TNR・猫の室内飼いのスタンダード化をミッションにしています。 ・多頭飼育崩壊からの保護  多頭飼育崩壊の場合、1件につき50頭~100頭くらいの猫の保護が必要になるケースが多いので  行政の収容設備だけでは対応しきれません。  かといって、シェルターにも入りきらないことがほとんどです。  シェルターの受け入れ能力を日々強化しながら、  避妊・去勢の適切な助言やサポート、猫の健康管理、里親さんへの譲渡を行います。  また、多頭飼育崩壊は「未然に防ぐ」ことが何よりも重要。  早期相談を受け付けたり、当事者近隣の第三者からの相談にも対応し、  根本的な解決にむけて活動する。これが2つめのミッションです。 ・飼育継続困難への対応  飼い主さんの高齢化に伴い、高齢になった飼い猫を手放さなければならなくなるケースが相次いでいます。  主な理由は、飼い主さんの「入院」「施設入所」「ご逝去」。  身寄りのなくなった猫は、自力ではどうすることもできません。  多頭飼育崩壊と合わせて、こういった社会問題への取り組みも積極的に行っています。 【ケア・飼育】【里親探し】 ・保護環境のストレス  短期的には身寄りのなくなった猫を保護施設に保護することは、命を守るために必要です。  が、猫はもともと、常時群れで生活する生き物ではありません。  慣れない保護環境で、突然知らない猫たちがたくさん暮らしているところにポンとやってくる。  これだけでも想像を絶するストレスがかかりますし、  その生活が長期化すればするほどストレスは蓄積され、最終的に免疫抑制をおこしてしまいます。  獣医師さんと勉強会を重ねながら、ストレスの評価を行っています。 ・ストレスケア  こういったことを防ぐために、にゃぱんで行っていることは次の3つ。  1.早く譲渡する  2.スキンシップや運動、アイリス犬猫病院の専門家と連携したメディカルマッサージを取り入れ、    保護猫のストレス軽減、免疫機能増進をはかる  3.性格に配慮した飼育場所の変更  どれも限界はあるものの、少しでも保護猫がストレス軽減し、元気で過ごせるため  常に新しい知識・技術を取り入れて飼育しています。 全ては、猫と、猫好きさん、猫飼いさんの幸せのため。 365日、全力疾走しています!

団体名
特定非営利活動法人 侍にゃぱん
住所
〒002-8029
北海道札幌市北区篠路9条6丁目1-3
代表者名
齋藤 歌奈子
電話番号
011-598-0577
公式ホームページ
http://nyapan.jp