特定非営利活動法人ReBit

  • local_offer子どもの教育

LGBTを含むすべての子どもたちがありのままでオトナになれる社会を目指すため、若者・子ども支援を行う団体

  • 0件
  • ¥0

私たちのビジョン

「少しずつ(Bit)」を「何度でも (Re)」繰り返すことで、LGBTを含めたすべての子どもたちがありのままでオトナになれる社会を目指す

私たちの取り組む課題

LGBTの子ども・若者がオトナになるまでに直面する困難を解消するために以下の事業を行なっています。 (1)LGBT教育事業 20代のLGBTの若者たちが、小・中・高校に通う生徒や先生、および大学や教育委員会などを対象に出張授業/研修を実施しています。 また、学校の先生が現場で「多様な性」について授業が行えるような教材開発も行なっております。 (2)LGBT就活授業 どんなセクシュアリティであっても、自分らしい働き方や生き方を考え、実現できる社会を目指し、LGBTに向けたセミナーやイベントなどを実地、また、企業や支援者に向けて、LGBTの就労者による研修も行っております。

なぜこの課題に取り組むのか

ReBItがこれまで行なった出張授業などで実施してきたアンケートによると、約9割の子どもたちが、LGBTに関する知識を学ぶ機会がなかったといいます。また子どもたちだけではなく、学校の先生も正しい情報に触れる機会がほとんどありません。 正しい知識をもたないまま、LGBTの子どもたちは「自分は"ふつう"ではなのではないか」「自分は気持ちが悪い存在なのではないか」と悩み、苦しむことがあります。また、LGBTの大人を身近に感じる機会がないことから「自分は大人になれないのではないかと思った」等、将来を悲観することもあります。その結果、性同一性障害などのトランスジェンダーの約7割が「死にたい」と思ったことがあることを示す研究結果もあります(※1)。 LGBTの問題は「見た目」ではわからないからこそ、当事者だけではなく、周りのひとたちへの理解が必要になっていきます。 (※1:中塚幹也(2010)「学校保健における性同一性障害─学校と医療との連携」『日本医事新報』No.4521)

団体名
特定非営利活動法人ReBit
住所
〒162-0052
東京都新宿区戸山1-1-5エールプラザ戸山台301
代表者名
薬師実芳
電話番号
03-6278-9909
公式ホームページ
https://rebitlgbt.org/