NPO法人SUSU

  • local_offer国際協力

カンボジアの最貧困女性がライフスキルを身につけて、前向きに自分の人生を生きる社会を実現する

  • 0件
  • ¥0

私たちのビジョン

世界に通用する品質を求めるものづくりの場を通して、貧困家庭出身の女性たちが誰かに価値を提供できるプロフェッショナルとして活躍し、人生の基盤となるライフスキルを育むことを目的に活動しています。

私たちの取り組む課題

私たちの工房で働く女性の一人である、スレイパーという女性の話をご紹介します。 彼女は、カンボジアの小さな農村で育ちました。 家庭は非常に貧しく、2人の兄弟と6人の姉妹がいる中で、教育の機会を得ることができたのは、兄と弟だけでした。 女の子であるスレイパーは、家計が厳しく家の手伝いをしなければならなかったので、小学校を中退せざるを得ませんでした。 さらに、彼女が若いとき父が亡くなり、もともと貧しかった家族はより苦しい状況に陥ってしまいました。 「わたしは自分の人生がよりよい方向に変わっていくとか、 未来のために努力しようとか、新しい人や物事に出会うとか、 そういうことを考える余裕もなく、ただ日々の生活を送るのに精一 杯でした。」 *** 今、カンボジアの経済は急速に発展しており、都市では稼げる仕事はいくらでもあります。 しかし、その発展とは対照的に、農村部で暮らす最貧困層の人たちの生活は変わらず厳しいままです。 家計を支えるために、義務教育である小学校ですら途中で中退するしか選択肢がなく、都市部の発展から置き去りにされている最貧困層の女性たちが、カンボジアにはまだまだたくさんいるのです。

なぜこの課題に取り組むのか

私たちは、カンボジアの農村にコミュニティファクトリーという工房を2008年に創業し、 貧困家庭出身の女性たちを雇用し、ハンディクラフト雑貨を生産・販売する事業を実施しています。 もともとは認定NPO法人かものはしプロジェクトという「子どもが売られない世界をつくる」ことをミッションにカンボジア・インドで活動する団体の一事業として、ずっと活動してきました。 カンボジアでの「子どもが売られる問題」の解決に伴い、代表の青木が19歳のときから歩みをともにしてきた団体から2018年3月に卒業をし、今は新法人SUSUとして活動しています。 *** 青木が約10年のカンボジア生活で痛感したことは、カンボジアの国の発展とは対照的に、農村部で暮らす最貧困層の人たちの生活は変わらず厳しいままだということです。 冒頭でご紹介したスレイパーを始め、多くの人たちが、経済発展の恩恵を受けられず、教育を受けることができない、本来自分がやりたいと思っていることが見つけられない、実現できない状況にあります。 一方、僕たちの工房で高い品質のものづくりに励んだ経験を持つ女性たちは、安定した生活を送ることができるだけではなく、働く前よりずっと自分に自信を持って、輝いて生きていけるということを実感しました。 女性たちの雇用を確保することだけでなく、より良い商品を作るためのトレーニングすることが彼女たちの自信や成長に繋がっていきます。 そういった女性を一人でも増やすため、コミュニティファクトリーを拠点に、より多くの農村の貧困家庭出身の女性たちが、ものづくりを通じて経済的、精神的に自立して生きていくライフスキルを身につけ、社会へ羽ばたいていくことを実現しようとしています。 *** 冒頭でご紹介したスレイパーも、コミュニティファクトリーに出会い、働くようになって、大きく人生が変わりました。 彼女はこんな風に話してくれています。 「わたしは小学校を卒業できませんでしたが、コミュニティファクトリーを通して、 働く楽しさや、新しい人と出会い関係を築いていくことの喜び、プロ意識をもって 働くことで身につく自信、未来について考えることのワクワクなど、さまざまな 学びを得ることができました。 そしてある日、社会科見学でシェムリアップにあるホテルやレストランなど見て回ったとき に、変化が起こりました。わたしは初めて「自分の夢」というのを抱いたのです。 「シェフになりたい。」 社会科見学から帰ってきたとき、そう思ったことを覚えています。社会科見学で レストランで生き生きと働いている人たちを見て、憧れを持ち、自分もそうなりたい と思いました。わたしが、自分の人生を変えることができると感じたのは初めてのことでした。 そして今、私は日本食レストランで働いています。 わたしにとって家族と離れて都会で暮らすのは生まれてはじめての経験です。 最初の数日は、家族とコミュニティファクトリーの仲間が恋しくて、ベッドで泣いてしまいました。 けれども同時に、新しいことを毎日学んでいることにとても満足しています。 何年も夢みてきたことが現実になったのは本当に嬉しいです。 」 ***

団体名
NPO法人SUSU
住所
〒154-0002
東京都世田谷区下馬6-9-7-103
代表者名
青木 健太
電話番号
03-6277-2419
公式ホームページ
https://salasusu.com/ja/