アジアキリスト教教育基金

あなたの寄付でバングラデシュの子どもたちに教育の機会と未来の夢を!

  • local_offer国際協力
  • local_offer子どもの教育
  • local_offer社会教育推進

ACEF(エイセフ)は1990年以来、バングラデシュに寺子屋(小規模学校)を贈る運動をしてきました。現在、現地のNGOと協働して6地区で42校の小学校、3つの職業訓練校を支援することで、誰一人とりのこされないよう、子どもたちの学びを支援しています。また、日本の若者がアジアの人々と共に生きる社会をつくるための学びの場を、スタディツアーはじめ様々なかたちで創っています。

  • 0件
  • ¥0

寄付金控除対象

この団体への寄付は、最大約50%の税控除が受けられます。詳しくはこちら

私たちのビジョン

一人ひとりの尊厳が大切にされて共に生きる喜びを感じられる社会を目指します。 ・共働・共に生きることの実践を模索する ・子ども・若者の可能性を開くための教育活動を支援 ・バングラデシュと日本とが学びあう

私たちの取り組む課題

1.バングラデシュの都市貧困地区(スラム地区)農村地域など学校のない地域に小学校を設立し、初等教育・職業訓練を施すなど基礎教育を支援する。

2.日本のこども・若者がアジアに関心をもち、共に生きる世界をつくることを学ぶ場をつくる(スタディツアー、ACEF-YOUTH活動、オンラインセミナー)。

なぜこの課題に取り組むのか

エイセフが設立された1990年当時、バングラデシュの識字率は30%程度でした。三人に一人しか文字の読み書きができませんでした。教育がすべての基礎だと考えバングラデシュのパートナーと共にサンフラワー教育計画(SEP)を開始し、首都ダッカのスラム地区と郊外の農村地区で青空教室で子どもたちに読み書きを教え始めました。当初は、教育を受けたことのない親たちは教育を子どもに受けさせる意味が分かりませんでしたが、徐々に理解を得てスラムの住民や村人の要望もあり小学校を建設することになりました。青空教室から草と竹でできた雨風をしのげる校舎に、そして日本からの支援金でトタン屋根とレンガでできた校舎を建てることができました。現在、SEPから発展したBasic Development Partners (BDP)というエイセフのパートナーNGOはバングラデシュの6地区で43校を運営し、6500人の生徒が教育を受けることができています。

バングラデシュでは1992年以来、小学校1年生から5年生までが義務教育となっていますが、政府の予算だけでは小学校を建設できないため、このようにNGOも小学校を建設してきました。近年バングラデシュも急速な経済成長を遂げ、政府によって小学校の建設も進んでいますが、まだ経済格差は大きく農村地区やダッカのスラム地区の貧困家庭では子どもが労働力として、働く両親の代わりに家庭の仕事をするために学校に通えないという現実があります。BDPの小学校では政府の小学校と異なり半日の授業にすることで、家の仕事もして学校にも通えるようにしています。また、貧しさのゆえに卒業後中学校に進学できなかったり中途退学する生徒に職業訓練(6か月から1年)を提供し、技術を身につけて少しでも収入を得られるよう支援しています。

団体名
アジアキリスト教教育基金
住所
〒169-0051
東京都新宿区西早稲田2-3-18-26
代表者名
荒谷出
電話番号
0332081925
公式ホームページ
https://www.acef.or.jp/