国立成育医療研究センター

あなたの寄付で着なくなった服が次世代を支える医療にかわる“古着de寄附”

  • local_offer出産・子育て支援

小児医療、生殖医療・胎児医療・周産期医療、そして母性・父性医療および関連・境界領域を包括する医療"成育医療"の国立高度専門医療研究センターとして、世田谷区において成育医療を推進します。

  • 80件
  • ¥189,751

寄付金控除対象

この団体への寄付は、最大約50%の税控除が受けられます。詳しくはこちら

私たちのビジョン

国立成育医療研究センターは、ライフサイクルに生じる疾患(成育疾患)に関する医療(成育医療)と研究を推進するために設立されました。感染症などの急性疾患や小児がんをはじめとする小児希少・難治性疾患を持つ子どもとそのご家族、および、合併症妊娠や出産を願う女性やそのご家族が安心して医療をうけることができるように、安全でこころのこもった医療・看護・患者支援を行うことを第一に心がけます。そして、次世代の子どもたちをbiopsychosocialに支援することを目指します。

私たちの取り組む課題

優れた医療を提供するためには、優れた医学研究が必要です。医療と医学研究とはお互いを補う存在であるからです。世界の医療や医学を革新する優れた成果を生み出すために、病院と研究所が密接に協力して運営をいたします。なお、医学研究には、iPS細胞やES細胞などを用いた基礎的医学研究から、基礎的医学研究の成果を臨床に応用するための研究、患者を対象とする臨床研究、さらに、社会学的な研究まで多岐にわたります。これからも研究体制を強化し、 世界をリードする基礎・臨床研究を目指して努力します。

なぜこの課題に取り組むのか

こどもは未来そのものです。わが国の成育医療 と医学研究を推進するため、当センターの職員一同はこれから も一層の努力をいたす所存です。多くの方々の御支援とお力添えを戴けますよう、こころよりお願い申し上げます。

団体名
国立成育医療研究センター
住所
〒157-8535
東京都世田谷区大蔵大蔵2-10-1
代表者名
五十嵐 隆
電話番号
03-3416-0181
公式ホームページ
http://www.ncchd.go.jp/