NPO法人回復はどこにでもある

あなたの寄付で依存症からの回復は、素晴らしいことであることを知ってもらいたいと活動しています。

  • local_offer保健・医療増進

依存症からの回復のすばらしさを伝えるために、さまざまな活動をしている団体です。一人でも多くの方に、もっと依存症からの回復のすばらしさを伝えたい!と私たちは、考えています。そして、あなたの支援がその未来を作ることが出来るのです。

  • 1件
  • ¥870

私たちのビジョン

依存症から回復された方を知っていますか?  依存症から回復されている方のすばらしさをご存知ですか? 依存症は、普通の方が誰でも罹る可能性のある病気です。 でも、なぜか病気であることを社会に知られたくないと思ってしまう病気です。 日本では、アルコール依存症の方は、約200万人、薬物依存症の方は、約300万人、ギャンブル依存症の方は、約500万人と推定されていることを実感している方は、少ないのではないでしょうか? ても、依存症から回復されている方は、日本にはたくさんいるのです。 回復は、どこにでもあるのです。依存症からの回復は、本当にすばらしいことです。 そんな当たり前のことを日本でも多くの方に知ってもらいたいと考えています。

私たちの取り組む課題

私たちの法人では、依存症からの回復を支援している施設や相互支援グループ、家族や関係者などの幅広い人々に声をかけながら、回復のための相談支援事業や回復に役立つ情報提供、調査研究、回復支援施設の運営、関係者や家族のための研修やセミナーなども開催していきます。 併せて、依存症からの回復のすばらしさを伝えるための活動もしてく予定です。 いま困っている依存症者の回復を少しでも助けていくとともに、家族や関係者なども支援していくこともでき、さらに回復のための情報提供などにより、ひろく市民や社会に回復のすばらしさを知ってもらえるのではと考えています。 また、依存症の方や関係者の方からの、司法福祉に関する相談も、お受けしております。 例えば、罪に問われた依存症者の回復に対する見立てや必要な支援に関する助言を目的とした接見への同行、更生支援計画書(事件と依存症者の障害との関わりなどを踏まえた上で今後の必要な支援や環境について福祉専門職として意見を述べる書面)の作成協力、証人としての出廷等など司法分野における依存症者支援についても、ご協力しています。

なぜこの課題に取り組むのか

日本では、アルコール依存症の方は、約200万人、薬物依存症の方は、約300万人、ギャンブル依存症の方は、約500万人と推定されていることを実感している方は、少ないのではないでしょうか? そして日本では、依存症から回復されている方に会ったこともないという人がほとんどではないでしょうか。 薬物使用で逮捕された芸能人は、大々的に報道されても、薬物依存症から回復された普通の方がテレビに取り上げられることは、ほとんどないのです。 もっと依存症からの回復された方のすばらしさを伝えたい!と私たちは、考えています。 もっともっと回復するための情報も伝えたい! あそこに行けば回復するための場所が提供されていることも伝えたい! あそこに電話すれば、回復のための相談ができることも伝えたい! そんなことを実現できる場所を作りたい!29年4月、板橋区から新しいNPO法人を立ち上げることになりました。 もし、こんなNPO法人の立ち上げにご協力いただける方がいましたら、こちらにご連絡ください。 E-mailアドレスは、office@kaifukuwa.netです。 お電話であれば、03-6915-5596です。 ご協力の方法はいろいろとあります。少し空いた時間を電話番でも助かります。広報誌の作成のお手伝いも助かります。イベントの受付のお手伝いなどもあります。 賛助会員になっていただける方は、年間3,000円から、寄付をいただける方も、一口3,000円から。 また、二年後には、認定NPOも申請したいと考えています。それには、年間100人以上の方のご協力が必要です。 ご協力いただける方は、よろしくお願いいたします。 私たちと一緒に、NPO法人回復はどこにでもあるの活動にご参加ください。(ご寄付も参加の第一歩です。)

団体名
NPO法人回復はどこにでもある
住所
〒173-0004
東京都板橋区板橋1-53-17新板橋ビューハイツ305
代表者名
理事長 森 天里沙
電話番号
03-6915-5596
公式ホームページ
http://kaifukuwa.net