元気の素カンパニー以和貴

  • local_offer社会教育推進
  • local_offer女性支援
  • local_offer自然・環境保全

3・11東日本大震災の教訓を未来の糧に、語り・学び・育ちあう仲間つくりで心の復興と地域の活性化に貢献する団体です。

  • 0件
  • ¥0

私たちのビジョン

3.11 東日本大震災の教訓を未来の糧に、【語り・学び・育ちあう仲間作り】で心と社会の復興を成す

私たちの取り組む課題

東日本大震災と原発事故から見えてきたのは、経済大国と言われながらも解決すべき課題や問題が山積の日本の姿。

年金問題・老々介護・少子高齢化。原発事故や各地で起こる自然災害。そして増え続ける自殺やいじめ。
有り余るほどの物に囲まれながらも、歓喜に満ちた心穏やかな未来とは程遠い日本の現実の姿。

この現状を解決する方法の1つとして、グローバルな視野を持つリーダーの育成と共に、【心】及び【社会】の復興を成すため、語り・学び・育ちあう仲間の生涯学習に取り組んでいる。

【1枚目の写真】
東日本大震災による津波の被害をうけた地元の地域。
目の当たりにした現実はあまりにも辛すぎた。
これまでの生活のすべてを捨て、復興の活動のきっかけとなった写真である。


【2枚目の写真】
福島第一原発及び福島の視察にやってきたスウェーデン国会議員達。
平等の理念のもと、福祉大国として成長した民主主義国家スウェーデン。
日本でも真似したらよい仕組みの多さに、大人の生涯学習に取り組むきっかけとなった出会いの一枚。

なぜこの課題に取り組むのか

『目の前にいる人が笑顔で笑っていること』
未来の日本の姿を良い浮かべながら課題に取り組む理由である。

その為には
【不安なく暮らせる社会のルール】と【人生の主人公として豊かに生きる個人個人の自信】が必要。

元気の素をお届けする【以和貴】は、和を以て貴しと成す、笑顔が継続する未来を目指し活動している。

団体名
元気の素カンパニー以和貴
住所
〒970-8043
福島県いわき市中央台鹿島1-47-8
代表者名
植木秀子
電話番号
0246-51-3448
公式ホームページ
http://genkinomotoiwaki.org