日本クリニクラウン協会

あなたの寄付で入院中のこどもたちに「こども時間」を

  • local_offer子どもの教育
  • local_offer保健・医療増進
  • local_offer人権保護

認定NPO法人日本クリニクラウン協会は、「すべてのこどもにこども時間を」を合言葉に、赤い鼻がトレードマークのクリニクラウン(臨床道化師)を小児病棟に派遣し、入院しているこどもたちが、こども本来の生きる力を取り戻し、笑顔になれる環境をつくるために2005年から活動しています。 クリニクラウンならではの、遊びやコミュニケーションを通じて、こどもの成長や発達をサポートしています。病棟スタッフと協働し、こどもの療養環境の向上を目指します。

  • 0件
  • ¥0

寄付金控除対象

この団体への寄付は、最大約50%の税控除が受けられます。詳しくはこちら

私たちのビジョン

~すべてのこどもに「こども時間」を~ すべてのこどもがこどもらしく過ごせる社会 誰もが笑顔になれる社会を目指して

私たちの取り組む課題

コロナ禍、制限のなかでがんばっている 入院中のこどもたちに笑顔を届けたい!


赤い鼻をつけた道化師、クリニクラウンを知ってますか?

私たち、認定NPO法人日本クリニクラウン協会は、小児病棟へ赤い鼻がトレードマークのクリニクラウン(臨床道化師)を定期的に派遣し、入院中のこどもがこどもらしく過ごせる「こども時間」を届けています。



 これまで11万人以上のこどもたちに「こども時間」を届けてきました


病気のせいで、思いきりあそべない
 痛いこと、つらいこと、がまんしなきゃいけないこともたくさんある


家族に心配をかけたくないと、どこか大人びた表情をみせる入院中のこどもたちは毎日、一生懸命、病気と向き合い、がんばっている。

 

だからこそ、入院しているこどもたちが病気のことを一瞬でも忘れて、こどもらしく過ごせる「こども時間」を届けたい。そして、遊びやコミュニケーションを通じて、成長を支えていきたいと考え、私たちは2005年から活動しています。

 

なぜこの課題に取り組むのか

今、小児病棟に入院しているこどもたちは、新型コロナウイルス感染予防のため、面会制限により家族とも自由に会えない、プレイルームで自由に遊べないといった、これまで以上にさまざまな制約があるなかで病気と向き合い、がんばっています。

 

日本クリニクラウン協会では、感染のリスクなく、こどもたちが病気のことを一瞬でも忘れて、こどもらしく過ごせる時間を届けるために、2020年3月に「クリニクラウンWEB事業」を立ち上げました。

 

長引くコロナ禍でも、病気や障害を抱えるこどもたちに「こども時間」を届けつづけるために。


また、自由につかえるWi-Fiなどの環境がない小児病棟に、私たちとつながれる「タブレット端末」などを届けるために。

団体名
日本クリニクラウン協会
住所
〒530-0053
大阪府大阪市北区末広町3-11天しもビル3B
代表者名
河敬世
電話番号
06-4792-8716
公式ホームページ
https://www.cliniclowns.jp/