ホームホスピス宮崎

あなたの寄付で病院から家に帰りたくても、介護や看護の担い手がいない方に必要なケアを提供します。

  • local_offer障がい・介護支援
  • local_offer観光・まちづくり支援

終末期の患者とその家族が、安心して、望む場所で、望むように暮らすために、地域のかかりつけ医等と協力して支える活動を行う団体

  • 1件
  • ¥1,990

寄付金控除対象

この団体への寄付は、最大約50%の税控除が受けられます。詳しくはこちら

私たちのビジョン

「ホームホスピスかあさんの家」は、誰もが望むように生を全うするために、地域に自然に生まれた”家”です。私たちは、地域の様々な資源を活用し、誰もが安心して最期まで暮らせる環境づくりをめざしています。

私たちの取り組む課題

一人暮らしや高齢者の末期がん患者や難病の患者さんで、病院や介護施設でも受け入れが難しく、家に帰りたくても介護の担い手がないために帰れない方々が増えています。
そのような、国や行政の制度でカバーできない人たちをケアする仕組みが現実に求められています。

なぜこの課題に取り組むのか

ホスピスの原点は、死に直面している患者さんやその家族に対する温かいもてなしの心です。
 病におかされ、自らの死期を知った時、様々な肉体的病状、苦痛に加えて、不安と恐怖、悲嘆と絶望など 心の痛みは、健康な時の想像を超えて深いものに違いありません。 そんな時自分が生きてきた場所で、家族に囲まれ、家族や友人あるいは自分との和解を遂げていく、この 時間こそかけがえのないものです。

 その時間を過ごす場として「住まい」こそが最もふさわしいと考えています。「住まい」とは、その人にとって安らぎを感じることができるところで、自宅であったり、あるいは施設であったりするかもしれません。

 私たちは、死の瞬間まで、その時間がたとえわずかであっても、その人なりの生活が尊重される事を願っています。そして、誰もがいずれ迎える死の悲しみを、癒し慰めてくれるのは、やはり《人》なのだと思っています。

 私たちは、一人暮らしや高齢者の末期がん患者や難病の患者さんで、病院や介護施設でも受け入れが難しく、家に帰りたくても介護の担い手がないために帰れない方にも、地域の資源と連携して必要なケアを提供できる「住まい」(ホームホスピス)を充実させ、広げたいと考えています。

団体名
ホームホスピス宮崎
住所
〒880-0913
宮崎県宮崎市恒久2丁目19-6
代表者名
市原美穗
電話番号
0985-53-6056
公式ホームページ
http://www.npo-hhm.jp