日本青年国際交流機構(IYEO)

あなたの寄付であなたの寄付で、グローカルリーダーの人材育成と社会貢献活動を

  • local_offer国際協力
  • local_offerその他
  • local_offer社会教育推進

日本青年国際交流機構(International Youth Exchange Organization of Japan 略称 IYEO)は、昭和34年度から始まった内閣府(総理府・総務庁)が行ってきた青年国際交流事業(※1)の既参加青年、および一般・賛助・団体・名誉会員で組織されており、会員数は1万人に達しています。共生社会の実現を目指し、  ・全都道府県  ・全出身事業軸 で取り組む  ・青少年育成  ・国際交流  ・社会貢献 に関するプログラムの企画運営をしています。

  • 0件
  • ¥0

私たちのビジョン

世界とつながる国内外のネットワークを活用し、青少年及び広く一般を対象に、多様な価値観と出合う楽しさを作り続けることによって、グローカルに活躍する次世代リーダーの育成を目指します 。

私たちの取り組む課題

私たち、日本青年国際交流機構(IYEO)は、昭和34年度から始まった内閣府が行ってきた青年国際交流事業の既参加青年(*1 以下、青年)の同窓会組織です。

私たちは、青年期に参加した国際交流事業の経験を活かして、社会貢献活動をするだけでなく、次世代の志ある青年が交際交流事業参加後に、各地域で社会貢献(事後活動)ができるように人的・経済的なサポートをしています。

その活動を事後活動と呼び、テーマは国際交流、共生社会、文化交流、リーダーシップ、平和活動など幅広く活動しています。

私たちIYEOは、青年期の国際交流事業への参加を通して、新たな青少年及び広く一般を対象に、グローカルに活躍する次世代リーダーの育成に関わり続けています。

(*1)青年期に国際交流事業に参加した人

なぜこの課題に取り組むのか

今は、人々の交流がより一層スピード感をもち、混ざり合うこれからの社会においては、幅広い視野を持って柔軟に新しい取組を考え、実行できる人材が必要とされています。

内閣府が行ってきた青年国際交流事業の既参加青年(*1 以下、青年)は、事業参加中に、日本代表として海外で日本文化の発信や一緒に参加している海外の青年たちと国際交流を通して、民間人同士の絆を育んできました。青年たちは各県から募っており、毎年事業に参加する国は多岐にわたります。そのため事業後も国内外において強いネットワークが培われており、東日本大震災や西日本豪雨、海外の大規模災害などにおいても、私たちのネットワークを生かし寄付や東北での復興支援活動を行ってきました。(*2)

事後活動として、それぞれの都道府県で活動することは、地域の特性などを理解した上で、地域に寄り添い必要な支援をし続けることができると考えています。


また、青年たちは、海外に飛び立って社会貢献活動をしているだけでなく、日本国内で事業を立ち上げ国際交流や青少年育成活動をしたり、仕事を通して経験や得た知識を発信してもいます。例えば、過去には米国、南アフリカ共和国で長く生活していた既参加青年が、海外生活で困ったこと、文化の違いを発信し、日本に在住する外国の方たちの支援について考える機会の提供の場を地元富山県で行ったこともあり、自分たちが経験したことを広く社会へ還元しようとする動きが全国で行っています。

たくさんの青年たちが各地で活動することにより、社会貢献活動の広がりを作れることができると信じています。それは、私たちIYEO自身、青年国際交流事業に参加し既参加青年として、社会に足しての恩返しだと思っているからです。

(*1)青年期に国際交流事業に参加した人


そのため活動方針は「生きる力」を発揮しようと掲げ、以下の3つの柱をテーマに活動をしています。

1.多様な交流で地域と世界の距離を縮めよう

自分の暮らす地域への理解を深め、地域への誇りと当事者意識を持ち、国際交流活動を推進します。

(国際交流分野) #国際交流 #地域

2. 次世代のグローカルリーダーを育てよう

世界各国との交流や視野を広める機会を青年と共につくり、青少年の国際的な友好や相互理解の促進と協調精神を高めることで、地域から世界に向けてグローカルに活躍する次世代のリーダー人材を育成します。

(青少年育成分野) #青年 #人づくり

3.多様な関係者と協働し社会課題を解決しよう

会員のリーダーシップ、ネットワーク、専門性を活用し、社会課題の解決に取り組むことで、地域に暮らす一人ひとりが人間性を高め、だれもが生き生きと暮らせる社会の実現に貢献します。

(社会貢献分野) #地域 #社会貢献

*****************************************

(*2)

東日本大震災での、宮城県IYEOの活動事例:

1、「石巻市立病院」病院再建までの継続的な支援

宮城 IYEO 会員が勤務する病院の医療スタッフや関係者に継続的に物資を提供しています。平成 24 年 3 月には、IYEO、プライスウォーターハウスクーパース株式会社の協働プロジェクトとして、パソコン 33 台を病院関係者に寄贈しました。また、病院スタッフを通して、休みなく働く市役所職員、他の津波被害に遭った市立2病院(牡鹿、雄勝)、患者、被災者にも個々の必要とする物資が手渡されています。


岩手県IYEOの活動事例:

「IYEO 縁側カフェ」 

被災者やボランティアの方々へコーヒーやお茶を提供しながら、くつろぎとリフレッシュの時間・空間、そ して子供の遊び場も提供し、ストレスの軽減や傾聴による心のケアにつなげようというものです。6 月から 12 月まで田野畑村、釜石市、大槌町、陸前高田市等の仮設住宅や広場等で計 18 回実施、約 2,500 杯 のコーヒーをすべてハンドドリップで提供しました。この活動には、全国の IYEO のみならず、内閣府の事業でつながりのあるドミニカ共和 国大使館や ASEAN 各国事後活動組織等世界各国からコーヒーやお菓子の提供などの御協力をいただ いています。


海外からの復興支援活動報告  

各国政府、事後活動組織(*2)等から多くの活動報告が届いています。また、海外の関係団体から多くの 御見舞いのメッセージや寄付金を受け取っています。

(*2)各国の既参加青年で構成組織

団体名
日本青年国際交流機構(IYEO)
住所
〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町2-35-14
代表者名
電話番号
0332490767
公式ホームページ
https://www.iyeo.or.jp/