321プロジェクト

あなたの寄付でアナタとワタシの境界線が曖昧になる社会を創る団体です

  • local_offer子どもの教育
  • local_offer女性支援
  • local_offer社会教育推進

アナタとワタシの境界線が曖昧になる社会を目指して活動しています。 目の前のだれに対しても自分と同じように接することが出来る社会になれば、多くの課題は解決できると考えています。 私達はまず、知る機会を提供し、そこから多くの事を学ぶきっかけになればと活動しています。

  • 0件
  • ¥0

私たちのビジョン

【アナタとワタシの境界線が曖昧になる社会】を目指し、活動しています。 誰もが自立し、互いが共存し合い、幸福を感じる社会を創造します。

私たちの取り組む課題

「体験」という機会を提供し、参加者の可能性を拡げる活動を実行しています。

「生きる」ということは、【変化】するということ。

どんなことがキッカケで変化が起こるかわからない。

当会を通じて、関わるすべての人に、

新しい「発見」と「変化」を支援します。

代表理事:岡村が2020年12月から行っていた活動を、2022年1月にNPO法人化しました。

なぜこの課題に取り組むのか

現代の日本が抱える問題「貧困」「教育格差」「いじめ」「差別」など…

目の前の誰かを「自分」だと思って接することができる社会になれば、多くの課題は解決します。


それが、当会が目指す「アナタとワタシの境界線が曖昧なる社会」です。




【私たちが「体験」という機会を大切にする理由】


1. 【時間】

一人ではできない、2度と再現できない時間を創り、共有する


2. 【学ぶ場づくり】

その時間を共に過ごした人と、学ぶ場を一緒に共有する


3. 【新しい学びに触れる】

分かち合いを共有する




その時間を共にする人たちと一緒に、2度と再現できない時間を共に創ることができます。

学ぶ場づくりを通して、共に育つ【共育】に繋がると考えています。

一つの体験を分かち合うということは

新しい学びを通して、自分を知り、相手を知り、

【アナタとワタシの境界線が曖昧になる社会】への一歩と考えています。


まずは一緒に共育の時間をともにし、

相手と交わり、対話することで、人との間にある境界線や自分の中にある境界線のようなものを溶かし、

人との間にあった隔たりのようなものが曖昧になり、やがてそれが人と社会を繋げ、融合すると考えています。



人はいつからでも変化できる


誰かの些細な一言が人生を変えるかもしれない。

「受ける」「受けられない」の教育ではなく、

誰もが交わり、共に影響し合い、育む環境づくりという「共育」を大切にし、

「みんなで創る時間」=【学ぶ場づくり】を提供し続けます。



わたしたち、321プロジェクトの【行動指針】


 誠実であること

 相手を知って行動すること

 行動を通じて人を笑顔にすること

 自立すること

 挑戦すること

団体名
321プロジェクト
住所
〒107-0062
東京都港区南青山2-2 5F
代表者名
岡村志穂
電話番号
公式ホームページ
https://npo321project.jimdosite.com