日本ハビタット協会

あなたの寄付で世界中の人々が安全で安心して住み続けられるまちづくりを行います

  • local_offer国際協力

日本ハビタット協会は、国連ハビタットの理念を共有し、市民とともに、世界中の人々が、より良い暮らしができ、安全で安心して住み続けられるまちづくりを推進することを目的としている。 現在は、主にケニアでの衛生環境改善を通したまちづくり事業、ラオスでの環境保全を通したまちづくり事業、国内外の自然災害被災地での復興支援事業を行っている。

  • 2件
  • ¥620

寄付金控除対象

この団体への寄付は、最大約50%の税控除が受けられます。詳しくはこちら

私たちのビジョン

日本ハビタット協会は、 国連ハビタットの理念を共有し、市民とともに、 世界中の人々が、より良い暮らしができ、 安全で安心して住み続けられるまちづくりを推進します。

私たちの取り組む課題

人々が安全で安心して持続的に暮らしていくためには、

さまざまなモノやサービスが必要になります。


住むための家や上下水道、電気、公共交通といった生活基盤を整えるのはもちろんですが、

そこで人が暮らしていけるよう雇用や経済、医療、教育も大変重要な要素となります。

日本ハビタット協会は、それぞれの地域が自らの力で発展していけるよう、

地域の状況に合わせたまちづくりの課題解決に取り組んでいます。


現在、主に以下の事業を実施しています。

・衛生環境改善事業(ケニア)

・環境保全事業、子どもの生活環境改善事業(ラオス)

・自然災害復興支援(国内外)

なぜこの課題に取り組むのか

私たちは、2001年の設立から、世界各地で

住民たちの力による「まちづくり」をサポートしてきました。

現在、まちづくりの課題は、急速に進む都市化や環境問題、

頻発する自然災害の影響を受け、ますます多様化しています。


その解決のためには、単なる与える支援ではなく、

住民たち自身が課題を解決し、地域を発展させていくための力をつけることができるよう、

寄り添う支援が必要となります。


そして、このような地域の人を育てる支援は、

単発的なものではなく、刻々と変化する地域の課題に合わせ、

時間をかけながらサポートしていくことが必要になります。


そのために、私たちは、以下の点を大切にしながら、

地域の人たちと一緒にまちづくり事業を実施しています。


より良い暮らしができ、安全で安心な持続性あるまちづくり

  • 女性と子どもに優しいまちづくり
  • 住民が主体となったまちづくり
  • 市民、企業などさまざまなステークホルダーとの協働
  • 国連ハビタットが目指す持続可能なまちづくりの理念

団体名
日本ハビタット協会
住所
〒102-0092
東京都東京都千代田区隼町2-12藤和半蔵門コープ103号
代表者名
中村徹
電話番号
0335120355
公式ホームページ
https://www.habitat.or.jp