PIECES

あなたの寄付で“いま”と“未来”に生きる子どものために、育ちと学びのセーフティネットを作ります

  • local_offer子どもの教育
  • local_offerその他

誰もが尊厳を持って生きられる豊かな社会を目指して、子ども達にとっての“育ちと学びのセーフティネット”づくりに取り組んでいます。

  • 0件
  • ¥0

寄付金控除対象

この団体への寄付は、最大約50%の税控除が受けられます。詳しくはこちら

私たちのビジョン

PIECESは、どんな子どもも取りこぼされることのない“育ちと学びのセーフティネット”づくりに取り組むNPOです。 子どもたちの“いま”を支えながら、“未来”に生まれる子どもたちが安心して生活できる社

私たちの取り組む課題

<私たちのすぐそばで…>
今日もここ日本で、およそ1週間に1人、虐待によって子どもが亡くなっています。不適切な養育環境にあることが疑われる子どもは12万人以上。また、母子家庭の約半数は、相対的貧困の中に生きています。これは先進国のなかでは最低ランクです。
さらに、不登校の児童生徒数は約12万人にものぼります。今日一日を安心して暮らせていない子どもたちが、私たちの暮らすこの街に、私たちのすぐ近くにこれだけ多くいるのです。

<頼りたいけど頼れない、「子どもの孤立」という課題>
「自分は頑張っても意味がない」「誰も信じられない」
不適切な養育や貧困などを背景に孤立した子どもたちの多くは、そのような想いを抱きながら生きています。遊びたい、勉強したい、何かをやってみたい、挑戦したいという意欲が生まれない状態です。家庭や学校、地域からの孤立によって、誰かから大切にされる経験がもてないことで、自分を大切にすることができず、他者への信頼感も抱けないという負の連鎖が起きてしまうのです。

<必要な子どもに必要な支援が届かない>
近年、子ども食堂や学習支援事業など、子どもたちを支えるサポートの輪が広がってきました。その一方で、他者への信頼感が抱けずに「助けて」が言えない、助けの求め方を知らない子どもたちは、依然としてそれらの「出迎える」サービスからこぼれ落ちてしまっているのです。

では、そのような社会から孤立することを余儀なくされた子どもたちといかにして出会い、「信頼できる他者」となっていくのか。そして、真の意味での“育ちと学びのセーフティネット”をいかにして築いていくか。これが私たちの挑戦です。

なぜこの課題に取り組むのか

私たちは、どんな環境に生まれ育っても、すべての子どもたちが、安心して生活でき、尊厳を持って生きていける社会をつくっていきたいと考えています。

現在の社会は、複雑化し、課題も多様になっていっています。貧困や虐待のみならず、今はまだみえていない社会課題は生まれていくでしょう。抱える課題はなんであれ、私たちが尊厳をもち、より豊かに生きていくためには、人と人とのつながりが必要でなくなることはありません。

よりよい人と人との関係性のあり方を、問い続け、そしてデザインし続けていくことが私たちPIECESの使命です。そうしていくことで、子どもやひいては大人、多様な人々が尊厳を持って生きていける社会につながっていく、そう考えています。

この決して簡単ではないチャレンジを続け、十分な成果をあげるためには、1人でも多くの方からの応援が必要です。
是非PIECESへのサポートや応援を通して、子どもたちが安心して暮らせる未来を共につくる仲間になってください。
よろしくお願いいたします!

団体名
PIECES
住所
〒113-0033
東京都文京区本郷3丁目40-10三翔ビル本郷4F
代表者名
小澤いぶき
電話番号
09042134200
公式ホームページ
http://www.pieces.tokyo/