みなしご救援隊犬猫譲渡センター

  • local_offer動物保護
  • local_offer観光・まちづくり支援
  • local_offer自然・環境保全

「殺処分ゼロ・無責任飼い主ゼロ」を目指して、捨てられた犬猫や小動物を保護し、広島と東京のシェルターで里親さんを探す活動を行っています

  • 0件
  • ¥0

私たちのビジョン

NPOみなしご救援隊犬猫譲渡センターは「殺処分ゼロ・無責任飼い主ゼロ」を目指して、 飼育放棄された犬猫や小動物を全国から引取保護し、広島と東京のシェルターで飼育し新しい里親さんを探す活動を行っています

私たちの取り組む課題

「殺処分ゼロ!無責任飼い主ゼロ!」を目指して、様々な活動を行なっています

■犬猫の里親さがし
直接犬猫と触れ合って里親さんをさがす飼育スペースとして、
広島本部シェルターで常時50〜100頭の犬・猫・小動物の里親募集、
東京支部シェルターで常時5〜10頭の犬・猫の里親募集を行っております。

■引取り保護
飼育放棄された犬・猫・小動物の引取り保護を全国から行い、里親さんが決まるまで広島・東京のシェルターにて飼育をしております。

■地域猫活動
野良猫(飼い主のいない猫)と人とが共存・共栄できるよう、野良猫のTNR活動(去勢避妊手術をして元の住処に戻す)、一時保護、里親探し、地域猫活動のための啓蒙、啓発を行なっております。

■しつけ相談、犬猫トラブル相談など
犬猫の飼育・しつけ等の相談を受け付けております。
特に、地域猫活動、野良猫(飼い主のいない猫)の相談に力を入れております。

なぜこの課題に取り組むのか

人間の勝手な理由で、なぜ犬や猫が殺されなければならないのか‥。
尊い命をなぜ日本という国で一丸となって助けてやれないのか‥。

全国殺処分数17万頭。(平成23年度)
当時は動物愛護センターに引取られた犬猫の約9割が殺処分の対象となっておりました。
よく日本は動物愛護精神の高い国だと勘違いしておられる方もおりますが、世界的に見るとこれは非常に先進国とは思えない状況なのです。

しかし、ここ数年最悪だった日本の殺処分の現状が大きく変わってきています。
環境省をはじめとする各自治体の動物愛護行政がこぞって「殺処分ゼロ」というスローガンの元、今までのように動物愛護センターに持ち込まれた犬猫や小動物を理由問わず引き取る方針をやめ、引き取り制限をかけるようになりました。殺処分機(ドリームBOX)の稼働を中止する自治体も増えてきました。
ただ、行政の殺処分ゼロ達成のために、理不尽な理由ではなく本当にやむを得ない理由で飼えなくなった犬猫も公的機関ではなかなか引取ってもらえなくなり、民間団体への引取相談が近年増えております。
そういった時代の変化に対応するため、当団体では一般の方々からの引取保護に力を入れております。
広島本部だけの活動でも、年間約120頭の引取保護を行い、年間約100頭の里親さんを見つけることに成功しております。

新時代到来の気配も僅かに感じられるようになった昨今ですが、動物たちにとってはまだまだ夜明け前です。
保護犬保護猫をお家へ迎える、里親になる、という選択肢もあることをより多くの方々知ってもらいたいと思っております。
また、非営利の動物愛護団体として愛玩動物を通して、社会教育の推進、環境の保全を図り、子どもの健全な育成を活動目的に掲げています。
 
命より重いものはありません。
どうかどうか、たくさんの罪のない命が救われますように‥。
そう心から願い、活動に取り組んでおります。


■ご支援いただいた寄付金でできること■
 1500円  犬猫のごはん7日分
 6000円  犬6種ワクチン
 3000円  猫3種ワクチン
 15000円 猫去勢避妊手術

■口座振込いただける方■
 こちらよりお願いいたします。
 http://minashigo-joutocenter.com/shien


ご支援、ご協力どうぞ宜しくお願い致します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
団体HP http://minashigo-joutocenter.com

団体名
みなしご救援隊犬猫譲渡センター
住所
〒731-0221
広島県広島市安佐北区可部1-1-17
代表者名
佐々木 博文
電話番号
0822051155
公式ホームページ
http://minashigo-joutocenter.com