保護猫カフェlove.lab(ラブ.ラブ)

あなたの寄付で小さな命を救えます。

  • local_offer動物保護
  • local_offer自然・環境保全
  • local_offer観光・まちづくり支援

小さな命をつなげ、愛ある生涯を送ってもらうことが何よりの目的です。 身寄りのない猫を助けたい・・・一匹でも多くの猫を幸せにしたい。 命を大切にするお手伝いがしたい。そんな、気持ちから活動を始めました。

  • 0件
  • ¥0

私たちのビジョン

保護猫カフェ型の里親支援事業に取り組んでおります。 一匹でも多くの猫を幸せにしたい。 命を大切にするお手伝いがしたい。 小さな命をつなげ、愛ある生涯を送ってもらうことが何よりの目的です。

私たちの取り組む課題

1.身寄りのない猫の里親支援事業(年間を通して日常的に行う)


2. 猫の飼い方やマナーの普及、啓発事業

(現在も、年間を通して日常的に行っていますが、公民館などで、講習会を開催するなどの活動)


3. 子供達へ命の大切さを教える事業

(小学校などを訪問、猫を介して命の大切さを伝える冊子の配布)


4. アニマルセラピー

老人介護施設、障がい者施設への訪問事業

(現在月に1度、障がい者施設へ訪問しておりま す。)


5. 地域猫保護活動事業(TNR活動・TNTA活動)


・TNR活動とは

身寄りのない猫を保護し不妊去勢手術をし居た場所に戻す。

(様々な理由で里親さんを探すのが困難な猫)

Trap 捕獲

Neuter 不妊去勢手術

Return 元にいた場所に戻す


・TNTA活動とは

身寄りのない猫を保護し不妊去勢手術、ワクチン接種を行い人に慣らし里親さんを探し譲渡する。

Trap 捕獲

Neuter 不妊去勢手術

Tame 人に慣らす

Adopt 譲渡する



その他、地域猫保護活動につき、里親さんのもとへ送るまで、保護猫が安心して生活できる、保護猫シェルターの開設を目標としております。


保護猫シェルターが開設できれば、今までよりも多くの保護猫が幸せになれます。

なぜこの課題に取り組むのか

私たちの猫カフェは、保護猫たちだけがいます。

それは住宅事情で猫が飼えない方々に少しでも和んで頂く事。

そして何より里親様が見つかり、小さな命をつなげ、

愛ある生涯を送ってもらうことが何よりの目的です。


「保護猫」とは保健所などに寄せられる迷い猫や、飼い主の様々な事情より

飼育が出来なくなった猫たちの事です。

身寄りのない猫を助けたい・・・一匹でも多くの猫を幸せにしたい。

命を大切にするお手伝いがしたい。そんな、気持ちから活動を始めました。


2014年10月に、福島県初の保護猫カフェをオープンし、現在まで約1000頭譲渡。

譲渡率100%を維持しながら、24時間体制で飼育、里親支援をしております。

脳性麻痺でも力強く生きている「あんず」や虐待で両脚を失っても、

元気で生きている「メルモ」など、ハンディキャップを抱えている猫も生活しております。

応援して下さる皆様が増えれば、それだけ幸せな猫が増えます。

何卒、ご協力ご支援賜ります様、お願い申し上げます。

団体名
保護猫カフェlove.lab(ラブ.ラブ)
住所
〒963-0203
福島県郡山市静町1-28根本ビル102
代表者名
渡邊愛子
電話番号
024-954-5530
公式ホームページ
http://www.love-lab.jp